意志が弱い

いろいろなはけ口です。

NICO Touches the Wallsが他のバンドと違うと思う理由

 

 

 

 

まあね、ファンなので多少のフィルターがかかっている自覚は正直あります。

 

 

とにかく私なりに魅力を伝えるのできいてください。

 

 

まずはNICO Touches the Wallsについて軽く紹介を

 

メンバー

Vo&Gt.光村龍哉、Gt.古村大介、Ba.坂倉心悟、Dr.対馬祥太郎

 

おそらく世間様のイメージは

爽やかでポップなバンド

的な感じでしょう、

 

挨拶がわりに、ご存知の方も多いはず

こちらの一曲を

youtu.be

 

あながち間違っちゃいないです(笑)

だって普通に聴けば

ポップで明るくて楽しげな曲ですもの。

 

ではもう一曲、最新曲から

youtu.be

こちらはまた少し違った曲調ですが

明るい雰囲気は変わりませんね。

 

さて、こんな感じで

イメージは掴んでいただけましたかね。

 

 

それではここからが本題です

まず私が惚れたのは光村龍哉の歌声。

 

100点満点の歌唱力に加え、

音程やリズムや力強さだけではない、

人を惹きつける歌を歌う人だなと思いました。

しかもそれが年々濃くなってきている気がする。

 

ライブ音源から

youtu.be

映像がダイジェストなの私はまだ許せていませんが(笑)

音源かと思っちゃいますよね、演奏も歌声も。

 

この曲は去年の暮れに発売したOYSTER-EP-に収録されてる、本人達曰く「王道のロックチューン」です。

 

このEPの何が凄いかって、収録されている新曲全5曲全く同じ5曲アコースティックver.通常盤で付いているところです。

普通ね?アコースティックverって言ったら特典で付けるとかさ、そもそも新曲をもうすぐにアコースティックにしちゃうなんて聞いたことないですよ。

それをね、お前らアコースティックも聴けよと言わんばかりのこの姿勢。

 

どんだけ自信があるんだよ?!と思いますね、

 

この人達アコースティックも凄いんです。

シングルの特典でちょいちょいやっていたんですが

2015年に満を持してアコースティックアルバムを出しているんですね〜

 

これがまたただのアコースティックじゃないんです。

曲を遊ばせるのが凄く上手いんですよね、

だからアコースティックだけでなくライブのアレンジも凄いんですけど、

まあとりあえずその最初にシングルの特典でやっていた時の映像です。

アコアルバムに総集編が特典で付いたんですね〜

youtu.be

 

 

そしてアコアルバムを出した時のライブのDVDのダイジェストです

youtu.be

 

ここまで本気でアコースティックをやるロックバンド他にいないでしょ?

原曲をそのままアコースティックにするのではなく、

ちゃんとアコースティックの良さと曲の良さが交じわる様にアレンジするんです。

 

 

はい、ここで気が付きました。今のところロック要素が少ないと。

なので1125/2013灼熱のロックロールナイトの映像をご覧ください

youtu.be

 

はい、言わずもがなきちんとロックロールバンドです。

 

なんか凄い映像に頼ってしまってますが

私がどんだけ言葉を並べても聴くことに勝ることは絶対にないからです。

とりあえず聴けの精神でやっております。

 

 

はい、

ここからは歌詞へ話題を移したいと思います(突然)

 

光村さんの歌詞ってけっこう独特だと思うんです。

シングル曲なんかは、誰にでも入りやすく且つ誰にも書けない歌詞を書いてると思うし、アルバム曲は完全に自分のやりたいことやってるので特に色が濃いと思います。

 

あと先ほどのFunny Side Up!なんかを聴いていただければわかると思うんですけど、言葉遊びや韻を踏むのが上手いです。

ああいう言葉遊びをしまくって韻を踏みまくってる曲が他にも何曲かあるんですけど、そういう曲は聴いてて楽しいですよね。

またそれとは別にとても文学的な歌詞の曲もあったりして、そういった曲は聴き手の想像の余地を残しているのでそれを考えるのもまた楽しいです。

 

 

そしてまあNICO Touches the Wallsといったら

引き出しの多さです。

アルバムを聴けばわかりますけどとにかくいろんなタイプの曲があるし、ライブではそれをさらにアレンジして披露したりするし、

途中からシングルのカップリングで女性ボーカルのカバーをやるのが定番になってくるんですけど、それにもまたアレンジとボーカルの力量を感じますよね。

 

 

 

それでは最後に初期のミニアルバムを再録した映像のダイジェストを紹介します

このミニアルバムともう一枚初期のミニアルバムが配信版にないのは本当に勿体無い。

 

youtu.be

 

 

ということで、長々と拙い文章で失礼いたしました。

 

NICO Touches the Wallsの一番好きなところは本人達がとても楽しそうにライブをするところです。

これ、大事。

 

気になった方は是非アルバムを借りてください。

私のオススメは

「Who are you?」と「HUMANIA」です。