意志が弱い

いろいろなはけ口です。

ニコフェスト2017

 

 

 

今年もイイニコが終わってしまいました。。

 

今年は初のフェス形式で、当日までは正直ワンマンが良かったなと思っていたけれど、フェストになったおかげで今まで以上に特別な日になったんじゃないかと思います。

 

 

まずオープニングアクトACO Touches the Walls

やっぱり光村さんの歌声はよく伸びるなあと思いました。広い会場で聴きたい歌声ナンバーワンだ!ニワカ雨のコーラスが会場に響き渡るのは鳥肌が立った。BUNGYのソロ回しはやっぱり浅野くんのバイオリンでワッと会場が湧くよね、楽しい。

ACOの時って特に遊び心満載で、みんなで楽しそうに演奏しているからこっちもニコニコしてしまう。

 

 

お次ブルエン

助っ人として古村大先生登場。SURVIVEを思いっきり気持ちよさそうに歌ってギター弾き倒してました。そしてギターはタッピングよ。何かめちゃめちゃ練習していると思ったらこのセッションだったのね。

 

 2番手パスピエ

サポートドラムが対馬さんでした!対馬さん、パスピエに馴染んでいて柔軟性を感じた。久しぶりにパスピエ聴けて楽しかった!なつきさん、かわいい声だけど男性ボーカルに負けない力強いところもあって好きです。

 

3番手TK

最初の方は映像の演出を交えていてとても世界観があるなと思った。あとやっぱりunravel聴けたのは嬉しかったな。鬼気迫る感じでした。

そしてバックバンドがステージを降りて、TKが「最後に一曲だけゲストを迎えて」と言って光村さん登場。TKはキーボードへ、みっちゃんギターをもってマイクに向かって「キタジマくんと間接キスになっちゃうね」って、へへって笑ってたけど嬉しそうな顔してたよ。絶対にTKの持ち歌をやると思っていたら始まったのはAurora(Prelude)で完全に不意打ちだった。やられた。ずるい。向かい合わないで交互に歌うのが あぁ、お互いに信頼しあっているんだな と思ったし、より繊細さが増していてすごく良かった。そして2人で仲良くステージを降りて行く姿も微笑ましかった。

 

4番手クリープハイプ

「やります」と一言。一曲目は二十九、三十。まさか聴けるとは思ってなかったので驚いたけど、とても好きな曲だったので嬉しかった。心がやられた。そこから疾走感のあるナンバーやアガる曲が続いて、終盤で「ゲストを呼びます。こんな俺と友達でいてくれてありがとう」と尾崎さんが光村さんを呼ぶ。そしてまたお酒飲みに行こうねって話したりなんかして、「お酒の曲をやります」と5%を披露。光村さんの縋るような甘い歌声がずるいなあと思った。曲が終わってからも歌い出しを間違えたねと2人で話していて、尾崎さんが「でもみっちゃんに恥をかかせるわけにはいかないからさ、お前のミスは全部俺のミスだから」と男前な一言。そしてみっちゃん退場。

尾崎さん「レコード会社を変えてバンドマンからすごい叩かれてた時にみっちゃんが飲みに行こうよって誘ってくれて、それがすごい嬉しくて、そういうところあるんだなあ、みっちゃん好きだなあと。そんな叩かれたことなんて今となってはどうでもいいことなんだけど、みっちゃんがそうやって言ってくれたことは俺の中でどうでもよくないから。日々生活をしていると傷つけたり、傷ついたりするけど、俺は傷つける側でいたいし、せっかくなら音楽で傷をつけたい」と話して、3年前のフェストでみっちゃんと一緒に歌った「傷つける」を歌い上げて幕を閉じた。

 

最後のゲスト、スカパラ

SEからご機嫌でワクワクしました(笑) そしてステージに登場して期待を裏切らずご機嫌なナンバーを披露。とてもかっこいい。そして谷中さんが「2年前くらいに尾崎くんとコラボして、今日尾崎くん歌ってくれるって言うから、生で聴けるのすごくレアなんだよ!」と言って尾崎世界観登場。爆音ラブソング、めくったオレンジを披露。もしかしたら聴けるかも…と思っていたのでテンション上がった!そして後半には「今日初めてやります」とみっちゃん登場。ラッパと娘ですよ。スカパラの演奏をバックに気持ちよさそうに歌うみっちゃんの歌声は楽器だった。歌にとらわれすぎないみっちゃんの歌い方は最強だ。

 

そして我らがNICO Touches the Walls

もちろん、1125のテーマから。そして春ツアーの最後にやっていた新曲mujinaはツアーの時よりもさらに鮮明になっていた気がする。「今日何回も聞いたかもしれないけどこれが本家です!」と、古村大先生のギターから始まるBUNGYで幕張を揺らして、ホログラム。底の強さが見える気がする。「毎年11月25日はなかなか普段やらない曲をやる日になっていて」とストロベリーガール。このモードのNICO Touches the Wallsは本当に最強で、古村さんのギターがとてもかっこよかった。あの人は時折なにかに取り憑かれたようにギターを弾き倒す。つづいてブギウギルディ。ご機嫌だなあと思います。(笑) そしてみっちゃんのスキャットが一番好きな曲。この日もキレッキレのスキャットを披露してくれました。そして梨の花、正直、最初のコーラスでは何の曲かわからなかった。「愛しても愛しても」と始まった瞬間崩れ落ちそうになった。音数を減らした大人な梨の花、古村さんのギターがとても滑らかで、ああ好きだなあとしみじみ感じた。切実に再録してほしい。そして新曲のFunny Side Up!は着飾らずにお洒落な感じ。天地ガエシ、バイシクルとお馴染みのナンバーで駆け抜けて、最後に新曲Ginger lily、はやくまた聴きたい。「なんでもない1日が大事な記念日になりました」と言う光村さんは幸せそうでした。

アンコールは手をたたけwithスカパラホーン隊。これもなかなか聞けない。音源か?!と思うくらい良かった。綺麗に揃った手拍子が心地よかったね。

 

 

何度も言うけど本当に何よりも4人が楽しそうだったことに幸せを感じました。最初はワンマンが良かったと思ってたけど、こんなに楽しそうな4人を見ることができてこれ以上の幸せはないですし、みっちゃんの歌声を、NICOの演奏を聴ければ、それだけでこんなにも満たされるんだと改めて思い知りました。

 

 

メジャー10周年本当におめでとうございます。

これからもどうかお側に。