意志が弱い

いろいろなはけ口です。

GOLD EXPERIENCE

 

 

The cold tommy企画のライブに行ってきた。

 

(タンブラーに軽く投稿しようかと思ったら変に文字が消えるのでこっちで存分に書くことにした)

 

 

 

O.Aはペンギンズ(研井さん×古川さん×多田羅さん)

一曲目はPINBALLSのあなたが眠る惑星でした。ただでさえ大好きな曲なのに、古川さんの歌が優しくて優しくて泣いてしまった。サビの研井さんコーラスはゾワっと内から溢れるものがあってさらに泣いてしまった。

二曲目はブリキの曲、あの曲良かったので物販であるか聞いたらかなり前(それこそ大阪にいた頃の…と言ってた)のデモ?みたいなCDに入ってたやつらしくてもうなかった…これを機に再録してください…(懇願)

三曲目はトミーの猫は心に悪魔を育てだった、なんか、らしい選曲だなと思った。

3人ともとても楽しそうにやっていたので是非弾き語り巡業してほしい。

 

ブリキはすごく安直な感想になってしまうんだけど、多田羅さんの声がとても良い、好き、優しい歌なんだけど声が力強い。CD買ったので聴き込みたい。

 

PINBALLSはやっぱりイチバン。

中屋さんがギター弾いてる姿を見るのが生きていて一番の至福。本当に好き。

ツーマンバトルの時に研井さんと一緒にやったwhat you want、研井さんもこの曲好きだしやると思ってた、わかっていたけどやっぱりあの曲は本当にいい曲だ。PINBALLSにしか出せない優しさと哀愁と儚さ。古川さんの声がそうなんだろうな…

way of 春風も聴けて嬉しかった。本当に好きしか出てこない。

carnival comeはイントロから好きが爆発してしまう。そしてギターソロが一番好き、格好良い。古川さんに「俺の愛するギタリスト!」って言われてて、珍しくニヤニヤしてた、本当に好き。

 

tommy見たの約2年ぶり、ずっとまた行きたいなと思いながら行けなかった。満を持して、な訳だったけど、相変わらず格好良かった。鋭い格好良さなイメージ。ピンボールズも鋭いイメージなんだけど、ピンボールズは一本の鋭さで、トミーはトゲトゲしい何本もの鋭さがあるイメージ。

トミーもツーマンバトルの時に古川さんとやっていた夜汽車をやっていて、ほっこりした。

泥人形聴けると思ってたので聴けなかったのショック…

またライブに行けということですね、行きます。

 

 

 

 

 

個人的な話ですが

私がこの界隈の沼にハマったのは間違いなくあのツーマンバトルの日のライブを見てからだったので、なんだか感慨深くなってきてしまった。もっと昔から知っていてもっと色んな思いが詰まっている人たちのことを考えると何言ってるんだかって感じなんだろうけど、私は私であの日の夜が革命だったので、本当に。きっといつまで経ってもこの2組は私にとって少し特別なところにあるんだと思う、私にロックンロールを教えてくれてありがとう。

 

音楽を聴かなくても死なない

 

 

 

当たり前のことですが

私達は別に音楽を聴かなくても死にません。

 

ではなぜ音楽を聴くのか。

 

人生をより豊かにするためとか

シンプルに楽しいからとか

まあ、人によって様々だと思います。

 

でも音楽が好きな人ってどちらかと言うと

聴こうと思って聴いているよりは

聴きたい音楽があるから聴いている

って感覚の方が近いんじゃないかなと思いました。

 

きっと始めはなんてこと無いきっかけで

お父さんが車やリビングでかけていた曲とか

兄弟が聴いていた曲とか

テレビのCMやラジオで流れた曲で

なんとなく聴くようになった人もいれば

衝撃的な出会いをした人もいるでしょう。

 

深く関わる人もいれば

フラットに関わる人もいます。

 

CDを買う人と買わない人の分かれ目ってそんなところですよね。

 

Twitterでよくみるあれ、

「同級生に『なんでわざわざCD買うの?無料アプリでよくない?』って言われて(中略)って一生懸命説明したけど伝わらなかった」

 

正直、

無料アプリが違法か違法じゃないかはどうでも良くて

(いや、良くはないんですけど、あの手のものは利用者がいる限り無くならない)

 

なぜCDを買うかって

可愛いと思った服をお金を払って買うように、

良いと思った音楽に対してお金を払って買っているわけで

 

良い音楽に対価を払うべきだと思うから払っているんですよね。

 

更に言えばその感銘を受けた音楽を作った人たちが今後また更に良い音楽を作れるようにと思っているわけで

 

そう思わないよって人はただ音楽にそこまでの価値を見出せなかったんだね

って話なんですよ。

 

これは価値観の違いなんだから仕方ない。

 

配信版でいいじゃんって人に一言

形に残しておきたいんです。ただそれだけ。

 

シンプルに好きなものへの投資なんです。

 

 

 

私はいま好きな音楽があるおかげでなんとか楽しく生きている 

 

 

 

好きなバンドを紹介します

 

 

 タイトルの通り、

ただただ好きなバンドを紹介します

 

 

NICO Touches the Walls

 

バンド名が長いって?よく見ろ、簡単な単語しか並んでないから。

ニコタッチズザウォールズです。

 

なんとなく知ってる人はたくさんいると思うんです、が、

なんとなく知ってるだけじゃ勿体無い!

 

youtu.be

言葉のキレが最高!

爽やかなだけじゃないんです!!

 

youtu.be

 

さっきの曲とは真逆ですね〜

ロックバンドでここまでできるところ他にいます?

いないですよ。

最近は特にコーラスが上手くなったのでライブで聴いても最高なんです。

 

そしてまあなんと言ってもボーカルの歌。

カラオケ100点満点の上手さと人を魅きつける上手さの両方を持った人です。ライブで聴くと鳥肌が立ちますね。

 

あとは曲の幅広さも推せるポイントなので是非YouTubeでもアルバムを借りてでも色々な曲を聴いてもらいたい。

 

 

THE PINBALLS

 


THE PINBALLS『真夏のシューメイカー』

 

この曲を聴いて気になった方がいたら

7個前の記事でがっつり紹介しているので是非そちらを見ていただきたい。

 個人的2018年おすすめバンド - 意志が弱い

 

 

 THE BAWDIES

 


THE BAWDIES / "NO WAY" MUSIC VIDEO

 

ガレージ系のサウンドが好きな人は好きですよね〜

 

あとは踊りたくなるようなメロディが多いので

とにかくライブが楽しい!!

 

 

ビレッジマンズストア

 

youtu.be

 

名古屋が生んだ暴れ馬ことビレッジマンズストアです。

歌謡ロックみたいな和のテイストを感じる人達。

 

赤いスーツの軍団を見た瞬間たじろぐ気持ちは分かるが騙されたと思って聴いてみてほしい。いつの間にか虜になってるから。

 

個人的にすごく面白いなと思うバンドです。

 

 

ストレイテナー

 

突然大ベテランを出す暴挙

 

いや、改めてすごいですよこの方達

 


ストレイテナー - The Place Has No Name

 

ホリエの歌声が年々色っぽく艶やかになるんですよね〜

たまらん。

演奏はもう、言うまでもなく。

 

 

King Gnu

 


King Gnu - Vinyl

 

これは教えてもらって聴いた時びっくりしましたね〜

完成度も高いし、とんだ伏兵が隠れていたもんです

これからに期待大すぎますね〜

 

 

ドミコ

 


ドミコ / Pop,Step,Junk! (Official Video)

 


ドミコ / こんなのおかしくない? (Official Video)

 

これもびっくりしましたね〜

King GnuYouTubeで見たときに関連で見つけたんですけど

こんなのありかよ?!と思いながらどんどん他の曲探しちゃいましたね。

そして中毒性の高さにまんまとハマってしまいました。

 

これが流行ったら相当おもしろいと思うけどな〜

 

 

Droog

 

youtu.be

 


Droog / 終点

 

うーん、説明が大変だ。笑

 

昔は叫ぶのが多かったんですけど、最近はちゃんと歌うようになったんです。これはインタビューかなんかで本人が言ってました。

あとはギターが天才です

ライブのとき楽器スリーピースなのにスリーピースとは思えない

 

けどライブはもう、ガツガツです。

 

まあ見ていただければわかりますね。

youtu.be

売れてくれ〜〜

 

 

teto

 


teto - 暖かい都会から(MV)

 

わたしも最近知ったんですけどね、

よくないですか?

この初期衝動の塊みたいな、

なんて言えばいいのかわからないけど、歌詞の良さがちょうどいい。

 

 

Large House Satisfaction

 

ラージハウスサティスファクションです。

 


Large House Satisfaction「CM」

 

 


Large House Satisfaction [ BREACH ] MV

 

かーっこよくないですか?

ロックンロールに飢えてる人たちはこの人達のライブに行ったほうがいいです。

なんかもう、意地というか信念が見えますよね。

売れてほしい!

 

 

 

 

以上、

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

風のように 町のように ずっと

 

 

 

2月23日、

REVISITvol.6があった9月15日に発表されてから

ずっっっとこの日を待ち遠しく思っていました。

 

 

12月6日にメジャー1枚目のアルバムが発売されてから

日に日にその思いは強くなって

 

でもライブが終わってしまうのが嫌でした。

 

けど、終わりは始まりだったんです。

 

 

 

会場が暗転して

The SonicsのHave Love Will Travel

 

 

緊張しすぎて一曲目に何がくるかなんて全く考えていなかった。

だから余計に息が詰まった。

 

ベースが鳴る

一曲目に始まったのは

that girl

こんなに妖しくダークに始まるライブが他にあるか?ないでしょ。

重く、ずっしりと存在を示す

ピンクのライトに照らされて私たちを最もにぎやかな方へ誘うのはTHE PINBALLS

 

ダークな一曲目から一変

ロックンロールショーの開幕を告げる

劇場支配人のテーマ

この時を待っていたと言わんばかりに会場が一気に沸く、そうさショウが始まる

 

そんな観客達をさらに焚きつけるように始まるのは

FREAK'S SHOW

異形なのは彼らか、私たちか、世界か、

私たちが感じているのは間違った高揚感なのか

間違っているはずがない、この空間ではステージに立つ彼らが絶対的な正義。

あらゆる願いと不確かなものが混ざり合う桃源郷

 

勢いが衰えることを知らず畳み掛けるように

ママに捧ぐ

彼らが掻き鳴らす音楽に対して化学反応が起きるように応じるフロア

なんかもう、この曲は考えてる暇なんてないんだ、頭よりも先に意識が反応する

この曲をセトリに組み込んでくるの本当に偉い

 

古川さんが「みんながずっといてくれるからこの曲も忘れずに歌ってこれます」と

I know you

語りかけられているような気持ちになる

出会う前から彼らを知っていて、出会うべくして出会ったように思う

語りかけに応じるように歌う観客、通じ合っているようだ

 

会場にいる全員を撃ち抜くように始まる

真夏のシューメイカー

この人達はこの世の果てを見てきたんじゃないかと思わせられる、ひとつひとつの言葉が稲光のように鋭い

僕を震わせるのは間違いなくあなた達だけだ

 

1つ1つの音を紡ぐように優しく始まるのは

ニューイングランドの王たち

これは古川さん本人の物語なんじゃないかと思う

ロックンロールへの愛が詰まっている

一番ロックンロールな曲だと思う

 

「みんなで跳ぼうぜ〜!」と始まったのは

農園の婚礼

曲が始まる前に「俺ジャンプしたりするのあんまり得意じゃないけどさ、、、みんなも得意じゃないでしょ?!だから下手なもん同士好きにやろうぜ!!」と言い出して笑った、本当に楽しいんだなというのが伝わってきた

歌詞がなくメロディだけの曲だけど、嬉しくて楽しくて喜んでいるような曲だなと思う

 

真冬に夏を連れてくるような

片目のウィリー

真夏というより夏の初め、7月のイメージ

弾き語りの時に「これは恋の終わりの曲で…」と言っていたのを思い出す

 爽快だけど切ないメロディ

 

明るい流れに続くように

重さのない虹

こんなに勢いがあるのに優しい曲って他にないと思う

この歌を歌っている時の古川さん、とても幸せそうな表情をしているんです、見ているこちらも幸せになるんです

 

「転げ回っていようぜ」と

七転八倒のブルース

『祝福になるまで』の意味が『のたうちまわっていることが最高、転んでいるその時こそが祝福』だと知った時は感服でしかなかった

本当に古川さんには敵わない

 

「ひとりぼっちだと思うこともあるかもしれないけど今日だけはひとりぼっちじゃないよね」と

ひとりぼっちのジョー

ファンの心に寄り添うような曲だと思います

タイトルにひとりぼっちとつくけれど、この曲を聴いている瞬間はひとりぼっちだと感じない、し、この歌をライブで歌っている瞬間は絶対にひとりぼっちじゃないんです、あたたかい

 

本番はこれからだと言わんばかりの

carnival come

イントロが聞こえた瞬間踊り出してしまいそうな

そして何と言ってもソロ回し!

古川さんの愛のあるメンバー紹介から入るのが最高ですね、しかも「こんなもんじゃない!」って2回ずつ、最高だ

ソロ回しのラストは我らがギターヒーロー中屋智裕ですよ、carnival comeのギターソロはギターソロとして本当に最高で最強で格好良い。1番好きだ

 

 神は天にいまし

聖書の話、詳しいことは知らないが6日間いろいろ作り続けた神が7日目に休んだことは知ってる

この曲はまだ私の中でまだ謎が明かされていない部分が多い、けど、だからこそあーでもないこーでもないと想像しながら聴けるから好きだ

 凍える夜があるからこそ美しい夜があるんだと思わせてくれる

 

まだまだこれからだぞと

サイコ

やっぱりファンのことをわかっているなと思ったし、ただニーズに合わせているのではなくて彼ら自身もやりたくてやっている、ここぞという時の曲なんじゃないかと思う

 

今回のアルバムの顔とも言える

 蝙蝠と聖レオンハルト

変わらないままどんどん鋭く美しく格好良くなっていくのを実感した

そしてこれからもそうして進み続ける姿が見えた

私はその姿をずっと見ていたい

 

 

そして一度幕が降りる

 

 

鳴り止まないアンコールを求める拍手

それに応えるべく出てくるメンバー

 

「こんなにちゃんとアンコールっぽい拍手初めてな気がする!今までいつも消えちゃうんじゃないかって思っちゃうくらいだったんだけど、今日の拍手が1番アンコールっぽいです、ありがとう!!」と言う古川さん

 

そして「こんな景色になったら良いなと思って作った曲です」と

ワンダーソング

このMCの後にこの曲はずるい

個人的に1番の名曲

「すべてをなくしてもすべてをなくすだけだから」

という悲しいほどに前向きな言葉

そんなことを言わないでほしい、あなたはちゃんとたくさんの人に愛されてる、

けどきっと曲を作ってる時ってそんな気持ちになったりするんだろうな

 

諦めないことを歌った曲

まぬけなドンキー

絶対にやると思ってた、わかっていても泣ける

バンドにとってもファンにとっても大事な曲だと思う

この曲をまっすぐに歌う古川さんは

誰よりも強くて優しい

 

ダブルアンコール

 

シングル発売、そしてライブのDVD化の発表

 

コンスタントに新曲を出してくれるのも嬉しいし、

ライブのDVD化はファンの悲願のようなものだったので本当に嬉しい!!!

 

 

そしてそのシングルの曲から

音楽を聴いて雷に撃たれたような衝撃を受けた時の気持ちを歌った曲

Lightning Strikes

一体どこまで格好良くなれば気が済むんだ

早くまた聴きたい

 

そしてメジャー1stアルバムリリースツアーの締め

ten bear

えらい、、偉すぎる、、、

最後の最後で1番最初のミニアルバムから

なんかのインタビューでバンドを始めた頃の楽しい気持ちが最近また戻ってきたと言っていたように、4人ともとても楽しみながらこの曲をやっていたように思う

 

シングルをひっさげたツアーも決まったわけですが

ツアーのファイナルに次のことを発表してくれるのって本当にありがたいことなんです

冒頭にも言ったように

私はライブが終わってしまうのが嫌だと思っていた

けど、ライブ前日に森下さんが言っていたように

終わりは始まりだった

 

また次が始まる

こんなに素晴らしいことはない

 

 

古川さんはライブ中何度も何度もありがとうと言っていたけど

こちらの方がたくさんありがとうを伝えたい

けど全てをここに記すのは恥ずかしいので

絞るとしたらこれに尽きる

 

 

バンドを続けていてくれてありがとう

 

 

 

 

私が言うのもおかしな話かもしれないが
THE PINBALLSまだまだこれから、
楽しみでならない

 

 

my funny valentine横浜

 

 

 NICO Touches the Wallsの

my funny valentineという素晴らしい企画から

ぴったり一年経ってしまいました。

 

ずっと下書きに入れてあったので

お外に出します。

 

 

古村さんがラブレターを読むところから始まりました。「(ラジオか何かで)この曲が流れて良いなと思って検索したらアボガドのMVが出てきて絶対にバンド名を間違えたと思った」というエピソードから、

 

一曲目はエデンでした。あのイントロから始まるライブ、まさに私の楽園だと思うあの瞬間を超える喜びはない。

 

GANIMATA GIRLは聴けると思ってなかったから本当に嬉しかった。やっぱりあのギターリフは爽快で心地いい。けどとても切ない。好きだなあ。愛しさが故の憎い。

 

エーキューライセンスはツアーぶりに聴いたんじゃないかな〜。コーラスが聴けるから好きです。

 

今度は坂倉さんが手紙を読んでたんだけどめちゃくちゃ声が震えてて、そしたら「ちょっと待って、めちゃくちゃ緊張する」って後ろ向いて読み始めるという笑 次の曲は夕立マーチでした。

 

夕立マーチ→速度ってゆう流れが最高ね。

 

夕立マーチは実は私もリクエストしていたのですごく嬉しかった。やっぱり古村ファンとしては聴きたかったんだ。アルペジオも聴きたかったんだけど、みっちゃんの書く曲でここまで明るいパワーの曲ってないから、聴きたかったんです。

 

速度は淀みなく流れる水ようなメロディがすごく好き。内に秘めた想いが流れ出るような曲だなと思う。と言うかきっとこの曲はそうなんだと思う。「手をたたけ」のカップリング、

 

夏の雪はまさに「幸せは空いたグラスになみなみになって」ました。とても幸せな空気に包まれた。本当にみっちゃんの歌い方が良かったんだから。

 

恋をしよう、可愛い曲だよね。あと「こんなおかしな僕なりに 君が好き」はmy funny valentineだね。この曲の古村氏コーラスめちゃくちゃ好きなんだよな凄く嬉しい。

 

damaged 〜錆びてきた〜アビダルマのトゲトゲしさ、damagedのイントロから一気に荒々しくなる、錆びてきたの爆音と鈍い鋭さ、アビダルマのベース、ラップの光村さんのキレ。どれを取っても最高にカッコよかった。ロックなモードのNICO Touches the Wallsは世界で一番最強だ。

 

ほっとしたも幸せを噛みしめる曲だよな〜。優しく大切に一つ一つの音が紡がれているのが感じられてますます素敵な曲だなぁと思った。

 

雲空の悪魔、歌い出しで息がつまる。この曲にどれだけのファンが救われただろうか、きっとこんな企画でもないと滅多にやらない、けど忘れられているわけではなくて本人達からもファンからも大事に大事にされている曲なんだと思う。

 

妄想隊員Aは1番好きなラブソングと言っても過言ではない。情けない男のラブソング、なぜかみっちゃんの顔が浮かぶ(笑)

 

バニーガールとダニーボーイはNICO Touches the Wallsの最高なダンスナンバーですね。「踊るクレイジーな民〜」なんて歌い出し、他にないインパクトだけど勝手に体が踊りだすようなそんな曲。ボーカルと一緒に歌うギターが好き。たぶんみんなも大好き。

 

N極とN極、この曲を書いた少年は本当に天才だと思う。絶対に文才がある。切ない歌詞なのに爽快なロックチューンであっぱれすぎる。意味がないようでたくさんの思いが込められた曲。

 

Aprilの古村さんのギターの弾き方大好きなんだよね。特にサビ。ゆらゆらしながら弾くの凄く好き。リクエスト1位でしたっけ?納得ですね。優しい曲。

 

ニワカ雨ニモ負ケズ、定番の曲だけど、久しぶりにスキャットなしの音源バージョンを聴いた。どっちにしたって最高なんですけどね。この曲は特にみんなが楽しそうに演奏するので好きです。

 

友情讃歌、たしかこの曲の前のMCでみっちゃんが「みんなのことを心の恋人だと思っています」みたいなことを言ってたんですよね、そう言った後の曲が友情讃歌て(笑) 突然の友達宣告に会場にいる全ての人が心の中でツッコミを入れたと思う(笑) でも恋人でも友達でもなんだっていいよ、あなた達の歌を傍で聴くことができるのなら。ps.古村氏ばかやろーが聞けた嬉しかったです

愚痴

 

 

 

 

不幸自慢がしたいわけじゃない

 

 

みんながみんなそれぞれに辛いのは知ってる

 

 

だけどどうしてもうだうだ愚痴ってしまう

 

吐き出すことによって少しでも楽になりたいだけなんだたぶん

 

 

よそはよそで辛いんだろうけど

 

私は私でしんどい

 

 

 

いや、全然しんどくないんだけどね

 

 

 

全部甘えなんだよ

 

それも分かってる

 

つもり

 

なだけでたぶん全然分かってない

 

 

どこまでも続くこの道だと信じていた

 

 

 

毛嫌いして買ってからほぼ一周しか聴いていないFOOLsをちゃんと聴きなおそうと思いまして、聴いたんです。

 

先に言っておきます。

私も変わりました。

そりゃ2、3年もありゃね。

そして、私はgo!go!vanillasが好きです。

 

好きだからこそ妥協なしで

 

今のバニラズが好きな方は見ないことをお勧めします。

 

 

 

 

1.We are go!

初めてのインスト(?)ですね、このアルバムには合っていると思います。個人的には好きじゃないです。

あとライブの出囃子がこれに変わりましたよね?!

もう、それがとても悲しい。Mr.Blue Skyでわくわくそわそわどきどきしていたわたしの気持ちを返せ。

 

2.サクラサク

え、誰?

いや、たしか一番最初はアルバム出る前にライブで聴いたんです。その時はちゃんと歌詞も聞き取れないしまあ、リードならこんな感じの曲調でも、と思ってたんですけどねっ!リードでもないし、トレーラー公開されて聴いた時も一番最初のこれで正直かなり戸惑った。

歌詞もなかなかに酷い。「熱いキスをするのさ」なんて言う人じゃなかったんだけどな。

新しいモードにも程があると言うか、1番の良さが丸ごと抜けてしまった感じ。ギターちょっとうるさい

 

3.FUZZ LOVE

いや、もう、むり。曲調がむり。「言われせるように」って歌詞なんて虫唾が走るほどに無理。日本語としてどうなの?と言うか、歌詞、誰にでもかける歌詞を書いてどうする。前の曲のサクラサクしかり。はっきり言ってありきたりだ。何もときめかない。

 

4.ヒンキーディンキーパーティークルー

シングル曲なので飛ばします

 

5.ラッキースター

ちょっと歌詞があれですが曲調は良いしリード曲なので許容範囲でありです。

 

6.平成ペイン

シングル曲なので(以下略)

と思ったけどひとつだけ、「スワイプに指勤しんで」は時代の言葉じゃない?いいの?

 

7.サウンドエスケープ

かなり新しくはあるけどアルバムの中にこんな曲が一曲くらい入ってても良いんじゃないでしょうか。最近のシティポップ(?)とやらに流されてる気はしなくもないですが。

 

8.バイバイカラー

歌詞も曲調も嫌いじゃないんですけど、牧さんの歌が全体的に高すぎる、と言うか、高くなることによって細くなってしまうのがもったいない。

 

9.ストレンジャー

前回の12:25より好きです。てか普通に好きです。進太郎の歌い方癖があるから好き嫌い別れると思いますが私は好きな方だし、他が浮ついた曲な中でこう攻めた曲で来られたから余計に好きってなりますね。

 

10.グッドドギー

いやー!!!!むりむりむり!!!!無理すぎる!!!イントロから無理!!だし、トレーラーで最初聞いた時点でサビが無理!!!!って感じだった。愛犬の歌歌ってる場合じゃないよ。

 

11.パペット

なんだろう、1番印象が薄い。無難過ぎない?

 

12.ナイトピクニック

わりと好きな方です。好きと言い切れないのはサビが好きじゃないからです。アルバム全体的にファルセット使いすぎだろ。なんでこんな高い声ゴリ押ししてくんの?一瞬のファルセットだから良さが出るんじゃ?どう考えても長いし多い。良い曲なのにもったいない〜と思ってしまう…新曲の中だったら1番好き

 

13.おはようカルチャー

シングル曲(以下略)

 

 

 

 今回のアルバム、

途中にも言ったけど全体的に声が高い。

確かに高い声もいいけど要所で使うからいいんでしょ?

それに牧さんのあの声は高音よりも低い声の方が味が出る。と思う。

 

歌詞にも魅力を感じない。

表現がそのまんま。

はっきり言って誰でも書けるよ。

 

ついでに言うとライブも微妙でしたね。

煽るばかりに気を取られてない?

すごく格好悪いよ

煽らなくても自然と踊っちゃうような

そんな音楽やってたじゃない。

ファン層変わったの?

 

 

変わることは悪いことじゃない

けど、

1番大事な核が抜けてるのよ。

それが無くなってしまったらバニラズじゃない。

いや、やってるのはご本人たちなんですけどね

 

 

きっとこれは何を求めて好きになったか

って話で、

でもバニラズに求めてるのってこれじゃなくない?

それ、他のバンドでも満たすことできるよ。

 

これで次回作で戻ってきてくれれば

FOOLsはちょっと挑戦してみたのかな?

ってなるんですけどね、、

 

 

頼むからgo!go!vanillas埋もれないでくれ

 

大好きなんだよ