意志が弱い

いろいろなはけ口です。

ちゅんちゅん

 

 

ストレイテナーお初ワンマンでした!

in赤坂BLITZ

 

かっこいいだけで終わらないのが

ストレイテナーだなと思いました。

 

 

The World Recordの様なダークな格好良さって心が踊る。本当に格好良い。

SIX DAY WONDERの様なメロディの美しさが際立つ曲は聴き惚れる。

そして個人的にはクラムボン聴けたのが一番嬉しかった!好き!

 

SAD AND BEAUTIFUL WORLDのイントロは息を飲んだね。哀愁漂うと言うか、もの悲しいと言うか、ストレイテナーにしか出せない音だなと思った。

 

昔のDVDとか見ると本当に思うんだけど、ホリエの歌って本当に色っぽくなったと思う。それによく伸びるししなやかで美しい。ゴリゴリのロックを歌うときはもっと芯が強い声になる。素敵なボーカルだなと改めて思った。

 

ストレイテナーは偉大でした。

抜けた(?)牙

 

 

 

Droog、新譜を聴いた時は綺麗にまとまりすぎだな〜と思ったけど、やっぱりライブは最高だね。ライブは間違いなく今が一番かっこいいと思う。一曲目がカルトスターだったのは凄く嬉しかった。あの曲が一曲目はテンションがブチ上がる。まさにこのロックなスリーマンの幕開けにふさわしい曲だった。新曲たちもライブで聴けば聴くほど好きになる。そして荒金さんの太いギターがすき。カタヤマさんはやっぱりちゃんと歌が上手いよな〜と思う。

 

PINBALLS、いつになくガツガツしてた。出てきた瞬間からいつもと違うのが伝わってきた。ものすごい熱量だった。そんな中でもきちんと「ニューイングランドの王たち」の様な曲を歌い上げる事ができるのって凄いなと思う。勢いだけじゃない、盛り上げるだけじゃない、きちんと歌を聴かせてくれる。まっすぐなロックンロールも相変わらずキレッキレだった。新曲もまさにそれ。

 

ラージ、一番男臭いロックンロールをやるのはこのバンドだなと思った。一曲目のsHELLYがとてもいいね、徐々にギアが上がっていく感じと爽快なスピード感。どの曲をとっても男。牙なんて抜けてなかった。

ゆっくりと時間をかけて

 

 

 

自分の中で新しいジャンルに触れた時ってワクワクしますよね

バイン然り、椿屋 然り、King Gnu然り、ドミコ 然り。

 

バインはこんなに上品で綺麗で美しい音楽があったのかと思いました。もちろんロックな部分もあるけど、率直に綺麗だと思った。

 

椿屋は大人っぽくて妖艶なイメージ。たぶん他の人が歌うとキザっぽくなってしまうんだろうけど、中田裕二が歌うから愛おしくなる。

 

King Gnuは色んなとこで言われてるけど本当に中毒性が高い。一回聴いただけじゃ頭の中で処理が追いつかなくて何回も聞いてしまううちに虜になってる。なんてったって完成度が高い。そして色んな音楽のいいとこ取り。上手いなと思う。

 

ドミコ もキングヌーと似た感じの中毒性があるな。「なんだなんだ?」ってなって何回も聞いてしまう。あとはなんだろう、歪んでる感じが好き。あと、小さい頃に親父が流してた洋楽にこんな曲あったような気がする どこか、懐かしい感じ。でも二番煎じではなくてしっかり噛み砕いている。

 

 

話変わりまして

売れてる曲って分かりやすい曲とかそのまんまのストレートな曲が多いなと思うんですよ。

でもそれだと解釈の余地がなくてつまらないと思いません?

某知恵袋で「『遺書を書いてる僕の気持ち 他人とキスする君と同じ』という歌詞はどういう意味ですか?同じわけなくないですか?」みたいな質問があったんです。きっとそう思う人はストレートな曲を聞いてきた人たちなんだろうなと思いました。もっとこういう曲が売れてもいいはずなのにつまらない人間が多いなとか思ったり思わなかったり。でもそれが主流になってしまったらカウンタカルチャーにならないからだめか。歯痒い

まあ、どこに魅力を見出すかは人それぞれなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

あひるの空を久しぶりに読みました。

スポーツ漫画で一番好きです。

一つ一つの物語がリアルでシビアで他の青春マンガとは一味違う。

 

道徳的な要素が結構あると思う

私は今まで生きてきて、たくさんの大切なことを見落としてきているんだろうなと思ってしまう。

 

もっと早くこの作品に出会いたかったな。

 

もうあの熱量の中には戻れないから。

長いばかりで中身のない話をしようか

 

 

 

人を羨んだところでどうにもならないし

その人だってきちんとやるべき事をやっているのを知っているし

自分が何かをしないと何も始まらないのは

わかっているんだけど

高校に「根性」を落としてきてしまった私は

ただの腑抜けでした。

 

こんな事言ってると「だから許してね」って言い訳してるように見えてくるんですが

言い訳するつもりもないし

許してもらえるつもりもないです

 

私が立ってるここは誰かの望んでる場所かもしれないけど

私が望んでる場所ではない

 

いつだってないものねだり

 

 

話変わるけど

ストレイテナーのトリビュートアルバム

とても素敵だったね

一曲一曲が、ストレイテナーの20年間を証明するようでした

 

カメラ欲しいな〜

 

神様神様仏様

 

 

一番残酷なのはやっぱり才能ってもんで、

 

どんなに頑張ってもできない人はいるし、

 

人が何年もかけて積み上げてきたものを

 

一瞬で追い越してく人がいるんだよ。

 

なんて不平等な

 

 

あなた

 

 

 彼らは

より良いモノを 待ってくれている「あなた」に届ける為に と、

 

その「あなた」に私は含まれなくなってしまった

 

私が付いて行けなくなってしまっただけなのに

自分勝手な話だけど寂しくなった

置いていかれた気分

 

とは言っても

納得いかないものは納得いかないですけどね

 

大好きだった世界が
突然ガラリと変わってしまったら
戸惑うでしょうよ

 

信じていたんだから躍起にもなるさ

 

でも、嫌いになったわけではないですから、

好きですから

 

もう戻って来てはくれないのだろうか

 

エゴを押し付けてごめん。

でもそれは違うと思うよ

 

余計なお世話か