意志が弱い

いろいろなはけ口です。

日本のロックバンドが好きとか言うならhotspringを聴け

 

 

私も知ったのはとても最近なのですが、

hotspringというバンドを紹介します。

 

 

聴けばあなたも

「これぞ日本のロックンロールバンドだ!!」

と言いたくなるはず。

 

というのも、

世間に出回っている、いわゆる「邦ロック」と呼ばれているのって、ポップなものとか洋楽にかぶれたようなのが多いじゃないですか。もちろん、それはそれで良さもあるし、その中に私が好きなバンドもたくさんいます。

けど、それは「日本のロック」ではないと思うんですね。

 

そうではなくて、

上手く言葉にできないけど

これぞ「日本のロック」なんですよ。

本当に日本のロックバンドの良さが詰まってる。

 

 

まあ聴いて頂ければ言いたいことがわかると思うのでまずは聴いてください。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

んね。

 

ぶっちゃけた話

特別に歌が上手いとかそんなことはないんですよね。でも、間違いなく本気の歌なんですよ。

でも、それで良いと思うし

だからこそ良いんですよね。

ロックじゃなきゃそんなことできないし

それがロックなんだと思う。

 

さらに加えて言うと歌詞が良い。

感動的な物語でも甘酸っぱい恋愛の話でもない

ロックをただ世の中とか気に入らないものを批判すれば良いと思ってる若気の至りみたいなバンドもいるけど

もちろんそうでもなくて

もっと身近な、「ああ、この人も自分と同じ人間なんだな」と思えるようなそんな人間味のある歌詞なんですよね。

 

ついこの間、ベース伊藤さんが

「凡人による凡人の為のロックンロール」

と言っていて、とても腑に落ちた。

 

 

話が長くなった。

ぶっちゃけこんなもの読まなくても聴いてくれればわかる。

 

と言うことで、

最後にニューアルバムからどうぞ

 

youtu.be

 

 

 

 

全部嘘

 

 

絶対に終わらないものだと勝手に信じきっていた

だってどんな状況でもずっとこの道を行くんだと思っていたから

だから、信じることができない

そもそもなんでこんなことになってしまったのか

なぜこんな結果になってしまったのか

許せないし、悔やまれてならない

どうしても分からない、理解できない

 

 

前のブログを見たことがなかったので見てみたら

同じようなことを言っていたので驚いた

別に私たちは「ロック」がなくたって「バンド」がなくたって「ライブ」がなくたって死にはしない。

死にはしないけどその方が楽しいと思うから選んでいる。

 

あなた達が止まってしまっても、

別に私は死にはしない。

死にこそはしないがそんなの退屈すぎる。

 

バンドなんて他にも山ほどいるけど

Droogの代わりなんていないし

代わりがいないからこそ大好きなんだ

 

心にぽっかり空いてしまった穴は誰が埋めてくれるんですか

 

全部嘘になってくれ

何処へ行くgo!go!vanillas

 

 

 

先に断りを入れておきます

あくまで私の偏見ですし、自己満足の為に書いています。

 

 

 

本題

 

私が何を言いたいかってまあタイトルの通りなんですけど、

アイドルかよ?なんて野暮なことは言いません

シンプルにgo!go!vanillasの音楽性と牧の人間性どうなってんだって話です。

 

 

どうもFOOLsから曲の様子がおかしい。

いや、その前からちょっと予感めいたものはありました、ありましたよ。でもまだ許容範囲と言うか、まだ進化と呼べる許容範囲だったり、シングルだしこのくらいはね、、みたいな感じだったんです。けど、ね。

 

 

私はFOOLsのトレーラー聞いた瞬間引きましたよ。

流行っているからってエセシティポップみたいな曲入れてみたりとか、女子高生にウケそうなキラキラ恋愛ソングみたいな曲入れてみたりとか、もう曲調からして違いすぎる。いや、お前ら誰だよ。もうここまで来ると別人。しかも絶対にリスナーを意識してしまっているじゃん。ロックバンドにしてそんなに格好悪いことはないよ。

 

 

 

実際、マキタツヤは人が変わったと思う。

だって書いてる詞も同じ人が書いたとは思えない。

もう本当にFOOLsの曲も新しいスタンドバイミーも聞くに堪えない。アルバム曲でこれなんだから相当ヤバい。

 

 

私だって決して古参厨とかじゃないんですよ、だって私バニラズにハマったのカメレオンの時だし。

それでもやっぱりSHAKE、Magic Numberの頃は「これぞgo!go!vanillasの良さ」という感じでとても良かったと思うし、それで売れなきゃ意味無くない?今の状態で売れて嬉しいのか?だってもう今の状態go!go!vanillasじゃなくない?本人たちがやってるんだからgo!go!vanillasだよみたいなそんな頭の悪い話をしているのではなくて。

 

カントリーっぽいメロディーとフォークっぽい歌詞がとても良かったのに、

今じゃ女子中高生ホイホイみたいな誰にでも書けそうな詞になってしまって。

 

そして牧さんの声。歌い方変わってしまって、せっかくの声が台無しじゃないか。良さが無いよ。

 

 

だいたい彼らは何処へ向かってるんだよ。

流行りっぽいキャッチーな曲でミーハーなファンを釣ったってすぐに離れていくぞ。

 

 

決して嫌いだからこんなことを書いてるんじゃなくて、

その才能に惚れたのにそれが全く発揮されていないのが悔しくて悲しくて私がやるせなくなってしまって。

 

余計なお世話ですよねすみませんね

 

マキタツヤの人が変わってしまったから仕方ないのかな

 

 

 

落雷

 

 

THE PINBALLSのメジャーファーストシングル

「Primal Three」がめでたく発売されましたので

私もブログを更新しようと思った次第でございます。

 

 

今のPINBALLSの核になる様な三曲ということで光の三原色というタイトルになったそうです。

 

まず、赤がイメージカラーの

Lightning Strikes

落雷。いやもう本当に落雷のような曲。

イントロ鳴った瞬間雷に撃たれる。

ギターが常にビリビリ、ヒリヒリしていて本当に最高ですね格好良い。

歌詞のキレ味もハンパないです。

細胞と細胞と細胞が脳/世界中の薔薇がダンスする

なんて、他の誰にも書けないでしょうよ。

カッコいい音楽に出会った時のビリビリ痺れるような瞬間の気持ちを描いてるそうで、まさにこの曲がそうですよね。

MVのライブ映像がまたとんでもなく格好良いので見てください。

youtu.be

 

 

続いて青がイメージカラーの

Voo Doo

格好良いダンスナンバー

今までのPINBALLSと

一皮剥けたPINBALLSの融合だと私は思いました。

これがPINBALLSだ!とゆう格好良さを

新しい形でアプローチされたような、、?

でもイントロ鳴った瞬間からもうPINBALLSなんですよね。

こちらも格好良いMVですのでぜひに

youtu.be

 

 

最後は緑がイメージカラーの

花いづる森

眠りがテーマの曲だと言ってました。

とても幻想的で

少し気怠く妖しくも

柔らかく美しく強い曲の雰囲気と

花いづる森というタイトルがぴったりすぎる。

 古川さんが書く眠りについての曲って

本当に良い曲しかないですよね。

良い曲というか、優しくてあたたかくて、

心に寄り添ってくれるような曲。

 

 

そしてDVDのライブ映像ですね、

念願の映像化。

本当にPINBALLSは文句の付け所がなく最高です。

まあ、なんて言ったってライブが最高ですからね。

 

この辺はもうトレーラー見て初回盤をご購入ください

youtu.be

 

 

てなわけで

今日も今日とてPINBALLSが好き!

 

以上!

 

GOLD EXPERIENCE

 

 

The cold tommy企画のライブに行ってきた。

 

(タンブラーに軽く投稿しようかと思ったら変に文字が消えるのでこっちで存分に書くことにした)

 

 

 

O.Aはペンギンズ(研井さん×古川さん×多田羅さん)

一曲目はPINBALLSのあなたが眠る惑星でした。ただでさえ大好きな曲なのに、古川さんの歌が優しくて優しくて泣いてしまった。サビの研井さんコーラスはゾワっと内から溢れるものがあってさらに泣いてしまった。

二曲目はブリキの曲、あの曲良かったので物販であるか聞いたらかなり前(それこそ大阪にいた頃の…と言ってた)のデモ?みたいなCDに入ってたやつらしくてもうなかった…これを機に再録してください…(懇願)

三曲目はトミーの猫は心に悪魔を育てだった、なんか、らしい選曲だなと思った。

3人ともとても楽しそうにやっていたので是非弾き語り巡業してほしい。

 

ブリキはすごく安直な感想になってしまうんだけど、多田羅さんの声がとても良い、好き、優しい歌なんだけど声が力強い。CD買ったので聴き込みたい。

 

PINBALLSはやっぱりイチバン。

中屋さんがギター弾いてる姿を見るのが生きていて一番の至福。本当に好き。

ツーマンバトルの時に研井さんと一緒にやったwhat you want、研井さんもこの曲好きだしやると思ってた、わかっていたけどやっぱりあの曲は本当にいい曲だ。PINBALLSにしか出せない優しさと哀愁と儚さ。古川さんの声がそうなんだろうな…

way of 春風も聴けて嬉しかった。本当に好きしか出てこない。

carnival comeはイントロから好きが爆発してしまう。そしてギターソロが一番好き、格好良い。古川さんに「俺の愛するギタリスト!」って言われてて、珍しくニヤニヤしてた、本当に好き。

 

tommy見たの約2年ぶり、ずっとまた行きたいなと思いながら行けなかった。満を持して、な訳だったけど、相変わらず格好良かった。鋭い格好良さなイメージ。ピンボールズも鋭いイメージなんだけど、ピンボールズは一本の鋭さで、トミーはトゲトゲしい何本もの鋭さがあるイメージ。

トミーもツーマンバトルの時に古川さんとやっていた夜汽車をやっていて、ほっこりした。

泥人形聴けると思ってたので聴けなかったのショック…

またライブに行けということですね、行きます。

 

 

 

 

 

個人的な話ですが

私がこの界隈の沼にハマったのは間違いなくあのツーマンバトルの日のライブを見てからだったので、なんだか感慨深くなってきてしまった。もっと昔から知っていてもっと色んな思いが詰まっている人たちのことを考えると何言ってるんだかって感じなんだろうけど、私は私であの日の夜が革命だったので、本当に。きっといつまで経ってもこの2組は私にとって少し特別なところにあるんだと思う、私にロックンロールを教えてくれてありがとう。

 

音楽を聴かなくても死なない

 

 

 

当たり前のことですが

私達は別に音楽を聴かなくても死にません。

 

ではなぜ音楽を聴くのか。

 

人生をより豊かにするためとか

シンプルに楽しいからとか

まあ、人によって様々だと思います。

 

でも音楽が好きな人ってどちらかと言うと

聴こうと思って聴いているよりは

聴きたい音楽があるから聴いている

って感覚の方が近いんじゃないかなと思いました。

 

きっと始めはなんてこと無いきっかけで

お父さんが車やリビングでかけていた曲とか

兄弟が聴いていた曲とか

テレビのCMやラジオで流れた曲で

なんとなく聴くようになった人もいれば

衝撃的な出会いをした人もいるでしょう。

 

深く関わる人もいれば

フラットに関わる人もいます。

 

CDを買う人と買わない人の分かれ目ってそんなところですよね。

 

Twitterでよくみるあれ、

「同級生に『なんでわざわざCD買うの?無料アプリでよくない?』って言われて(中略)って一生懸命説明したけど伝わらなかった」

 

正直、

無料アプリが違法か違法じゃないかはどうでも良くて

(いや、良くはないんですけど、あの手のものは利用者がいる限り無くならない)

 

なぜCDを買うかって

可愛いと思った服をお金を払って買うように、

良いと思った音楽に対してお金を払って買っているわけで

 

良い音楽に対価を払うべきだと思うから払っているんですよね。

 

更に言えばその感銘を受けた音楽を作った人たちが今後また更に良い音楽を作れるようにと思っているわけで

 

そう思わないよって人はただ音楽にそこまでの価値を見出せなかったんだね

って話なんですよ。

 

これは価値観の違いなんだから仕方ない。

 

配信版でいいじゃんって人に一言

形に残しておきたいんです。ただそれだけ。

 

シンプルに好きなものへの投資なんです。

 

 

 

私はいま好きな音楽があるおかげでなんとか楽しく生きている 

 

 

 

好きなバンドを紹介します

 

 

 タイトルの通り、

ただただ好きなバンドを紹介します

 

 

NICO Touches the Walls

 

バンド名が長いって?よく見ろ、簡単な単語しか並んでないから。

ニコタッチズザウォールズです。

 

なんとなく知ってる人はたくさんいると思うんです、が、

なんとなく知ってるだけじゃ勿体無い!

 

youtu.be

言葉のキレが最高!

爽やかなだけじゃないんです!!

 

youtu.be

 

さっきの曲とは真逆ですね〜

ロックバンドでここまでできるところ他にいます?

いないですよ。

最近は特にコーラスが上手くなったのでライブで聴いても最高なんです。

 

そしてまあなんと言ってもボーカルの歌。

カラオケ100点満点の上手さと人を魅きつける上手さの両方を持った人です。ライブで聴くと鳥肌が立ちますね。

 

あとは曲の幅広さも推せるポイントなので是非YouTubeでもアルバムを借りてでも色々な曲を聴いてもらいたい。

 

 

THE PINBALLS

 


THE PINBALLS『真夏のシューメイカー』

 

この曲を聴いて気になった方がいたら

7個前の記事でがっつり紹介しているので是非そちらを見ていただきたい。

 個人的2018年おすすめバンド - 意志が弱い

 

 

 THE BAWDIES

 


THE BAWDIES / "NO WAY" MUSIC VIDEO

 

ガレージ系のサウンドが好きな人は好きですよね〜

 

あとは踊りたくなるようなメロディが多いので

とにかくライブが楽しい!!

 

 

ビレッジマンズストア

 

youtu.be

 

名古屋が生んだ暴れ馬ことビレッジマンズストアです。

歌謡ロックみたいな和のテイストを感じる人達。

 

赤いスーツの軍団を見た瞬間たじろぐ気持ちは分かるが騙されたと思って聴いてみてほしい。いつの間にか虜になってるから。

 

個人的にすごく面白いなと思うバンドです。

 

 

ストレイテナー

 

突然大ベテランを出す暴挙

 

いや、改めてすごいですよこの方達

 


ストレイテナー - The Place Has No Name

 

ホリエの歌声が年々色っぽく艶やかになるんですよね〜

たまらん。

演奏はもう、言うまでもなく。

 

 

King Gnu

 


King Gnu - Vinyl

 

これは教えてもらって聴いた時びっくりしましたね〜

完成度も高いし、とんだ伏兵が隠れていたもんです

これからに期待大すぎますね〜

 

 

ドミコ

 


ドミコ / Pop,Step,Junk! (Official Video)

 


ドミコ / こんなのおかしくない? (Official Video)

 

これもびっくりしましたね〜

King GnuYouTubeで見たときに関連で見つけたんですけど

こんなのありかよ?!と思いながらどんどん他の曲探しちゃいましたね。

そして中毒性の高さにまんまとハマってしまいました。

 

これが流行ったら相当おもしろいと思うけどな〜

 

 

Droog

 

youtu.be

 


Droog / 終点

 

うーん、説明が大変だ。笑

 

昔は叫ぶのが多かったんですけど、最近はちゃんと歌うようになったんです。これはインタビューかなんかで本人が言ってました。

あとはギターが天才です

ライブのとき楽器スリーピースなのにスリーピースとは思えない

 

けどライブはもう、ガツガツです。

 

まあ見ていただければわかりますね。

youtu.be

売れてくれ〜〜

 

 

teto

 


teto - 暖かい都会から(MV)

 

わたしも最近知ったんですけどね、

よくないですか?

この初期衝動の塊みたいな、

なんて言えばいいのかわからないけど、歌詞の良さがちょうどいい。

 

 

Large House Satisfaction

 

ラージハウスサティスファクションです。

 


Large House Satisfaction「CM」

 

 


Large House Satisfaction [ BREACH ] MV

 

かーっこよくないですか?

ロックンロールに飢えてる人たちはこの人達のライブに行ったほうがいいです。

なんかもう、意地というか信念が見えますよね。

売れてほしい!

 

 

 

 

以上、

お付き合いいただきありがとうございました。